鈴鹿木材株式会社関連記事→記事一覧

急速な経済成長を遂げた日本。私たちの生活は便利になり、生活が楽になった半面、鉄筋コンクリートにビニールクロス、ステンレスにプラスティックが生活空間を覆い、情報化社会の到来によって大人だけではなく、子供たちまで現代病と言われるストレスや心身症を抱える人が多くなりました。そんな中、木材は、人にやさしい感触を持ち、見た目に美しく、木で作られたもののそばに身を置くとストレスはやわらげられ、私たちに安らぎを...

住宅の省エネ性能を高めるためには、アルミサッシや断熱材などによる高気密化が重要になっています。しかし、高気密化によって壁紙の接着剤や接着剤を用いて作られる合板、フローリング、パーティクルボード、集成材、単層積層材(LVL)などの木質製品から「ホルムアルデヒド」という化学物質が出て、部屋の中に充満し濃度が一定以上になると、目がちかちかするとか、鼻・喉に刺激を感じるといった症状が出ます。また、長期間こ...

日本では、木造住宅を希望する人が多く、依然として木造住宅は高い人気があります。木造住宅を希望する方の多くの理由は、「心が和らぐ」「健康的」「自由な形状の家が建てられる」などがあります。日本では古くから、優れた建築技術を持ち、数多くの大型の建築物は長い年月を経ても、いまなお、十分に利用されています。日本の気候の特徴は、春・秋は快適ですが、梅雨から夏の高温・高湿が問題とされてきました。このため、日本の...

一般的に木造住宅は地震に弱いというイメージがありますが、決して弱くはありません。日本各地に建てられた木造の神社・仏閣が数百年を経ても残存している事実がそのことを物語っています。地震の振動エネルギーは建物の重力に比例するため、重い建物ほど大きく揺れます。しかし、木材は鉄やコンクリートに比べて軽いため、同じ大きさの建物では木造の揺れが一番少ないのです。しかも、木材は曲げの力にも強いのです。同じ重さでの...

金属材料は熱によって軟化してしまうのに対し、木材の表面からの炭化速度は比較的遅く、1分間に0.6mmくらいといわれており、30分間経過しても18mm、木材の両側からみても36mm減るだけですから、木材が十分太いか、十分厚ければ、木材の力は急激には減りません。木造住宅の大きな火災被害は、大きな断面の木材を使えば、かなり防げます。火災を防ぐには、住宅の外部をモルタル塗り、不燃性材料の防火サイジング、金...

消費税10%時代は国内消費だけでなく海外の輸出にも様々な影響を及ぼす事になります。日本国内では海外取引に関しても販売を行った場合には消費税10%が適用されることになっており、そのために現在に比べてその売却価格がより高くなることになってしまうため、国際的な競争力を失ってしまうと言う懸念があるのです。これは国内的な政策であり取引の平等性を期すためにやむを得ないことなのですが、販売を行う立場にとっては状...

もしもアメリカ合衆国政府が日本の木材市場を運営した場合、まず最初に行うのは現状把握です。森林が豊かな日本には木材需要が豊富である一方、供給してくれる森林も非常に多いことからあまり心配はしないかもしれません。しかしながら現状日本の木材市場は外国産の木材が過半数を超えている状況にあり、国産木材があまり活用されていない状況や、国内の林業が衰退に向かって一直線である状況を目の当たりにするでしょう。そこでア...

かつての国内にある木材市場は、不動産会社や工務店、材木屋などさまざまな取引人が訪れ賑わいを見せていました。しかし安価な輸入材が増え国内市場の価格低迷により、現在の木材市場には活気がありません。独自の取り組みを行い運営している一部の木材市場は活気があるものの、多くは賑わいが失われ閉鎖の危機に瀕しています。各地域にある木材市場が閉鎖されていしまうと、国内の流通に大きな影響が出るでしょう。国内林業の衰退...

ドイツと日本は、工業製品を輸出する国として似ていると比較されます。実際に自動車などの工業製品では日本とドイツが世界でもトップクラスになっており、製品の信頼性も非常に高いです。しかし林業に関しては、ドイツと日本では雲泥の差があり全く似ていません。日本では後継者不足や木材市場の価格低迷で林業は衰退し、現在は斜陽産業とされています。ですがドイツでは、1980年代以降も生産量を増やし成長産業とされているほ...

もしもイギリス政府が木材市場を運営したら、商品にはならないような木材でも無駄にすることなく使用することを推奨すると考えられます。イギリスは古いものこそ価値があるものだと考えが根強いため、住宅にしても新築よりも中古物件のほうが価値が高いものは少なくありません。住人は古い住宅でも愛情をこめて使っていますし、同時に快適に住むことができるようにリフォームを積極的に行います。専門のリフォーム業者に依頼するこ...

フランス政府が木材市場を運営したら、そこで働く人達は少なくとも1年のうち2か月はしっかり休暇を取ることが可能な素晴らしい環境を得ることができます。フランスは昔からバカンスをとることが大事だと考えていますが、それが人間らしく人生を楽しむことを重要視しているからです。仕事よりも人生を楽しく生きること、大事な家族と一緒に過ごすことを大事に考えているので、フランスではバカンスは欠かすことができません。フラ...

イタリアは非常に明るくおおらかな国と言うイメージがありますが、その反面行政は日本と同じように間接選挙により選ばれる首相と、上院と下院の2議会制となっており、様々な物事を決めて実行する際には若干フットワークが重いと言う印象があります。そのためそのイタリア政府が木材市場を運営した場合には、様々な物事を計画的に考慮しながら進めようとする反面、状況の変化に対する柔軟な対応を行うことができないと言うリスクを...

カナダは広大な国土を有し、針葉樹林と広葉樹林が広い範囲に分布しています。ですからカナダ政府が木材市場を運営したら、自国産の木材であふれかえることになるでしょう。たとえばSPF材です。日本ではツーバイ材と呼ばれることも多い安価な木で、具体的な種類は松やモミの木、トウヒです。木目は粗いものの生長が早く、育てやすいことから広く流通しています。住宅やDIYに用いられることも多く、ニーズが高いです。カナダの...

もしオランダ政府が木材市場を運営したら、ベルギー政府よりも上手に運営できる可能性があります。オランダは環境問題に熱心な人が多いからです。不要なものをリサイクルできる様々なアイデアが街中で見られます。オランダは自然に恵まれている国ですが、天然の森林は少なく多くの森は植林されたものです。造船産業が盛んだった時代は木材の需要が多く、オランダは森から切り出した木材を利用して大量の船を建造します。質の良い木...

ルクセンブルグという国は、フランスの支配を受けたりオランダ国王を大公とするルクセンブルグ大公国になったことなったことが現在の立憲君主制につながっています。1831年には、領土の西半分をベルギーで残りの領土はオランダ国王統治下におかれた時期もありました。第2次世界大戦中はナチスドイツの占領下に置かれた苦い経験もしているのです。このようにルクセンブルク政府は、国土を何度も他国の支配下に置かれていたこと...

スイスが以前から環境に対して強い関心を持っているため、もしもスイス政府が木材市場を運営することになったら製品管理を徹底することになります。木材というのは木を伐採して作られますが、樹木の種類によって用途や扱いは異なります。不必要に伐採をしても市場が過多になったり不足してしまうと、値動きの上昇が大きくなって消費者にまで影響を及ぼすことになってしまいます。また伐採をし過ぎると環境にも大きな影響を与えるこ...

オーストリアの国土は日本の北海道より一回り大きい程度の広さですが、国土の面積のおよそ半分が森林で、豊かな森林資源に恵まれた地域です。だけどその森林は急峻な斜面に覆われた地域が大半だったため、切り出して出荷するために山岳鉄道などや林道を整備せざる負えなかった結果、高い運搬と伐採技術をみにつけてきました。樹種は高価な建築用木材に適した針葉樹が全体の6割強を占めていた事も、林産業が発展した理由で、オース...

2020年現在かつて世界経済を引っ張って来た国々の財政出動などの経済政策に限界が生じて、株価が高い事を利用して経済運営の失敗隠しに躍起になっている中で、スウェーデン政府が唱えて来た北欧諸国が構築してきた持続可能な経済社会モデルが注目されるようになりました。スウェーデンは1990年代に急激に財政が悪化して、その債権を次のような方法で見事に果たしました。再建を成功させた政策は、国家の借金が増えれば財政...

ユトランド半島と多くの島々からなるデンマークは、酪農を中心とした農業が盛んな国です。バターやチーズなどの乳製品は世界的に毛有名で、他にも食肉加工も重要な輸出品となっています。また農業と同じく工業もデンマークでは重要な産業で、造船業や製造業は盛んに行われています。現在のデンマークにとって主要な産業は農業と工業なので、木材市場と深い関わりがある林業の地位は低いです。林業の地位が農業や工業と比較して低い...

もしもノルウェー政府が木材市場を運営したら、世界でもトップクラスの木材市場になることが可能です。北欧のノルウェーは美しい森林に恵まれた国で、国土の5分の3が森林地帯となっています。街を歩くと木造建築の家やビルが多く、オスロ空港も木造建築です。店の内装やインテリアにも、ふんだんに木が使われています。広場には巨大な木製のデッキがあり、木造ビルの学生寮もあります。公立の幼稚園は木質化が進み、昼寝をする場...

もしフィンランド政府が木材市場を運営するとすれば、フィンランド特有の価値をつけて世界に売り出すでしょう。基本的にフィンランド自体は、森林が非常に多いです。開発が進んでいない地域もまだたくさんあり、木材をある程度切り出しても問題ありません。ただ物価がそれほど低いわけではありませんので、通常の価格で世界に売り出そうとしても物価の低い国には勝てない可能性があります。そこで、フィンランド政府はフィンランド...

アイスランドは2008年の世界恐慌の際に致命的な打撃を受け、そこから様々な生産業を中心に経済を立て直した実績を持っています。それ以前は金融取引に依存すると言う非常に不安定な国家運営を続けてきた経緯がありましたが、その金融取引による大打撃を受け近年では非常にバランスのとれた経済運営を行っているとともに、様々な金融取引のリスクを十分に認識している国でもあります。そのため、アイスランド政府が木材市場を運...

もしもアイルランド政府が日本の木材市場に関わり持つのであれば、国内にある豊富な森林資源に対してあまり手をつけることなく外国産の材木を購入している現代日本の運営状況に対して疑問を持つところから始めるでしょう。アイルランドはヨーロッパの中でも森林大国と呼ばれており、年間の伐採量は4%以上と言われています。非常に高い割合で木材利用にたけているノウハウを日本国内の森林資源に対しても運用し、様々な開発を促進...

もしもオーストラリア政府が木材市場を運営したら、世界最高の輸出国になるだけでなく環境保護先進国になると考えられます。オーストラリア全体でいえば、森林が育つのに必要な降雨量については周辺が海に囲まれていることそして赤道と南極の風の影響によって安定しています。ただ中央に限って言えば、周りは標高の高い山に囲まれているので湿度が邪魔されることで乾燥しているため育ちにくいという環境にはなっています。この地形...

日本と同程度の面積の国土におよそ500万人が暮らすニュージーランドは、手つかずの自然が残されています。そのため酪農と並び林業は盛んで、世界中に木材を輸出しています。ニュージーランド政府が木材市場を運営したら、自慢の木材を並べるに違いありません。鳥のキウイなどニュージーランドには固有の動物がいることは知られていますが、実は固有の樹木もあります。インパクトが強いのはカウリという巨木です。先住民族からは...

もしもイスラエル政府が木材市場を運営したらどうなるか?それを考えるにはまずイスラエルという国の特徴について知る必要があります。イスラエルは1948年の独立宣言によって誕生したユダヤ人国家です。ユダヤ人は元々紀元前11世紀という大昔に、古代イスラエル王国を建設していましたが、内乱によって弱体化したところを滅ぼされてしまいます。それ以降、ユダヤ人は国を持たない民族として、迫害されながら苦難の道程を歩く...

ベトナム政府が木材市場を運営したら、これまで森林事業や木材加工などに携わってきた年長者が責任者になり、若手を育てるという系統が出来上がる可能性が高いです。ベトナムという国では、儒教の教えが浸透しているので年長者を敬うことが大事なことだという認識を持っている人が多いです。年長者は経験と知識が豊富ですから、若手を育成するときに自然と信頼関係を生み出すことができます。さらにベトナムでは相手をののしること...

中国政府系の企業や団体は、世界中で圧倒的な存在感があります。特に東南アジアやアフリカなど、将来有望な地域には積極的に投資を行い確固たる足固めを続けています。中国政府系の企業や団体だけではなく、民間の企業も欧米では巨額な買収を行い世界的に有名企業の中には、中国資本が入っているケースは珍しくなくなりました。それほどまでの存在感を世界中で見せつけているのは、何よりも資金力です。金にものを言わせ買収や出資...

韓国は様々な国外の良いところを学び急成長した国でもあります。そのため木材市場を運営した場合でもその状況に応じた臨機応変な施策を実行すると考えられ、状況に応じて柔軟に対応するために非常に効果的な運営を行うことができると考えられます。現在世界の木材市場は非常に需要と供給のバランスが難しいのが特徴です。従来は地域によって建築物の材質がそれぞれ異なっており、木造建築の栄えた地域もあれば煉瓦や鉄骨を対応した...

東南アジアにあるマレーシアは、森林資源が豊富な国です。そのため古くから林業が発達しており、世界中にマレーシア国内で伐採された木材を輸出しています。マレーシア政府はさらなる木材・木材製品の輸出拡大を目標に掲げていて、世界の木材市場でも同国産の製品はこれからも見かけ続けるでしょう。現在の木材市場は民間による運営が多くなっていますが、もしマレーシア政府が直接運営を始めたら、世界中に大きな影響を及ぼすかも...

もしもバチカン政府が木材市場を運営したら、世界最小の国家の財政は現在よりも豊かになるのではないでしょうか。宗教国家でイタリアのローマの中に位置する、特殊な国がバチカンですがこの政府が木材市場を運営している、という事実は現在のところありません。バチカン市国は、カトリックの修道者や宗教の関係者のみが居住するもので人口で言えば1000人に満たないといわれています。又、主な産業が出版や切手販売やモザイクな...

アバンダンティア女神は、豊かさの象徴として崇められるローマ神話に伝わる女神と言われています。もしもこのアバンダンティア女神が木材市場を運営する事になると、どんな事が考えられるのか考察してみましょう。2020年における日本の経済の中でも木材市場の成長は欠かせない部分がありますが、輸入に頼るだけではなく自国で輸出できるような木材を生産する事が求められるでしょう。その中で必要なのは希少性の高い木材の繁栄...