株式会社インベスの不動産事業関連記事→記事一覧

現在三重県鈴鹿市にある住宅数は約75000ほどとなっています。その中では木造住宅が約50000戸となっていて、ほとんどが木造住宅ですが、鉄筋コンクリート増の割合も意外に多いものです。築20年以内の新しい住宅数は約30000件ほどとなっています。地盤改良や建物の強度、耐久性の部分やペアガラスなどの省エネ、快適性を大幅に向上することが普及してきたことはここ20年ほどといえます。そのためまだまだ住宅の質...

社会の少子高齢化により従来よりも売りに出される不動産の数が増えていますが、売りに出されてからすぐに売れる物件がある一方で、長年にわたって売れない物件に分かれています。速やかに売れる物件と売れない物件に分かれる様子は、一度に多くの物件が売りに出される建売住宅でも見られ、建売住宅の場合は特に差異が顕著になります。たとえよく似た状況である事例でも売れる不動産と売れない不動産には細部に様々な差異があり、販...

日本全国で見た場合の不動産業界の現状はあまりいいものとは言えません。近年は投資ブームやオリンピックの需要もあり、価値のある不動産は人気をして更なる可地の上昇をしていますが、その一方で人気のない場所は全く手付かずの状態となっています。たしかに将来的に値が上がりそうな不動産に関しては需要が高まっていますが、値上がりが期待できないような物件に関しては、余っているのが現状です。不動産の最大のデメリットは換...

家を買う際には物件に関する情報収集から着手していく事になりますが、今日において優れた情報を多く手に入れられるのはインターネットのウェブサービスであるため、ポータルサイトなどが運営している不動産に関するウェブサービスを利用しましょう。ただし、ポータルサイトで取り扱われ掲載されている情報は比較的大手ハウスメーカーの住宅や人口が多いエリアに存在している物件が多い傾向にあるため、地域に根ざした環境を求めて...

近年では様々な分野でAIが利用されていますが、近年では不動産業界にもAIの浸透の流れが見られます。不動産売買におけるAIの有効性としては、売買価格を適正に算出できることです。まず最初に2017年4月に、AIがマンション売却価格を予想し自動で算出するシステムの提供が開始されました。これはその企業のウェブサイトで利用することができるシミュレーターで、マンションの売却希望者は住所や専有面積などの情報を入...

不動産業において接客対応は非常に重要です。不動産業はユーザーが望む不動産情報を提供することが不動産業に携わる人の役割と言えます。駅から近くて家賃が手ごろな賃貸を見つけたい、自分の希望に合った手ごろなマンションを見つけたいなど様々な希望を持つユーザーがいることでしょう。不動産業に携わる人たちにとって大きく必要となることは、豊富な不動産に関する知識や情報、そして相談者目線を大切にする接客であるといえま...

不動産を管理取り扱いし不動産売買を行っているものの売買契約が理想的に成長させられない場合には、インターネットを利用してインターネット宣伝を行えば売買契約数を成長させる事ができます。インターネットは日本国内はもとより世界中と繋がっているため、従来のチラシなどの訴求力を遥かに凌ぐ影響力を有していますし、昨今ではスマートフォンでウェブサイトの閲覧をするユーザーも増加傾向にあるので、スマートフォンに搭載さ...

オリンピックは開催地やその周辺に大きな経済効果をもたらします。激しい招致合戦の裏にはそのような背景があるのですが、どれだけのプラス効果があるのかは業界によってさまざまです。そのなかでも特に大きく関係している業界として不動産業が挙げられます。オリンピックの候補地となっただけでも変化が生じ始めますが、開催地に決定すると地価の上昇が起こるのが一般的です。メインの競技が行われる場所では、地価の上昇を後押し...

現在は消費税が8パーセントとなっていますが、平成31年10月に消費税が10パーセントにアップすることが決定しています。住宅を購入することは高額な出費であり、消費税だけのかなりの費用になることから、増税前に不動産購入を考えている人いることでしょう。しかし消費税増税前に購入しなければならないと焦って購入してしまえば、後々後悔することにもなるでしょう。そのためあらかじめ増税前の不動産購入に当たり注意点を...

若い頃や独身時代には賃貸物件を転々と引越しを繰り返していたという方でも、マイホームを構えるのは一生のうちに一度という割合が圧倒的に高いものです。 つまり、家というのは一生の買い物と言う事ができる大イベントでありますが、大イベントであるのにも関わらず購入に際して十分に話し合いや計画が行われず理想と異なる家に仕上がってしまったり、賃貸物件で暮らしていた時よりも不便な生活を強いられる恐れもあります。 家...

日本における不動産売買にて好調なのは、東京などの大都市圏であるという認識が広く一般的に周知されておりデータにも反映されているものの、全国的に見ても唯一無二の不動産売買の現況を見せているのが北海道です。特に北海道にあるニセコエリアは、2018年に公表された公示地価上昇率においてベスト3を独占しているほどの勢いを見せており、今後も尚一層勢いと人気が強くなっていく事は必至です。北海道のニセコエリアが公示...

青森県の不動産売買の現況はあまり芳しいものとは言えません。元々人の多い地域では無いことに加えて、不況を理由に県外に出ていってしまう人が多く、青森県で新たに不動産売買をしようとする人が減ってきているためです。他の地域に出ていくために所有している不動産を処分したいという人や、高齢を理由に老人ホームなどの施設に入居をするため不動産を手放すことを考えている人の売りはありますが、買い需要は多くありません。も...

東北地方の中でも、太平洋側に属している岩手県の不動産売買の現況を見ると様々なことが理解できます。まず、不動産売買の数自体は平成14年あたりからほとんど変わっていません。上昇している傾向は少なく、取引きは縮小している傾向が見受けられます。これは、首都圏に人口が集中していることも一因といえるかもしれません。人口集中しているため、土地を購入したいと考える人が減少してきています。実際に岩手県に限らず個人的...

秋田県の不動産売買の現況は、比較的取引き回数の減少傾向が見受けられる地域です。秋田県は、日本の中でも一番人口が減少している地域と言えるでしょう。そのため、全体を通して土地の値段が上がることことはあまり考えにくいです。例えば、秋田県の中心地として秋田市がありますが毎年土地の値段が減少している傾向にあります。もちろんそうはいっても、県内で一番土地の売買がよくおこなわれている地域になりますので、決して不...

栃木県は比較的東京にも近いこともあり、場所によっては不動産売買も活発です。しかし、栃木県は関東地方では最大の面積を持つ県でもあることから、需要のある場所とそうでない場所がはっきりしている部分があります。宇都宮市や足利市では、それなりに不動産売買も行われていますが、逆に言えば栃木県の中心となる地域以外の需要はそれほど多くないということです。首都圏であるということが評価をされているので、そのメリットが...

茨城県の不動産売買の現況は、つくばエクスプレスの開業とともに右肩上がりだったマンションの建設や購入なども落ち着いてきた傾向にあります。まだまだつくばエクスプレス沿線の開発は進んでいますが、大型マンションなどはすでにどこの駅にも多数建設済みですし、当初に比べると不動産売買の勢いはやや落ち着いてきたような状況です。茨城県は、日本全国の中でも比較的人気が無いエリアですが、県南部やつくば市などは十分都心部...

神奈川県の不動産売買の現況は他県と比較をすれば、かなり良好な部類だと言えるでしょう。東京の隣りにあるというだけでそのメリットは非常に大きなものがあることに加え、神奈川県自体にも日本有数の年である横浜市がある強みがあります。近年は川崎市の開発も進んできて、川崎の不動産の需要も高まってきていることから、買い手が全く見つからずに土地や建物が余っている他県と比較をすれば不動産売買はかなり活発に行われていま...

愛知県で不動産売買が活発なのは、県庁所在地でもある名古屋市です。日本で3番目に大きい都市でもある愛知県名古屋市の現況は活発化しており、今後もその傾向は続くとされています。愛知県における不動産売買の現況が活発なのは、2027年に開業予定のリニア新幹線です。リニア新幹線が名古屋市まで開通すると、東京まで40分ほどで行くことができます。40分で東京まで行けるなら、通勤圏内と言っても過言ではありません。首...

近年では、奈良県内の各地域で積極的に不動産売買が行われています。その現況としては、海外からの観光客が爆発的に増えていることが一つの要因です。富裕層がアクセスが良く移動に便利な奈良県内の土地や建物を購入することによって、多額の資金が動いています。また、最新鋭の設備が充実しているマンションや一戸建て住宅が多く用意されていますので、一年中快適に過ごせる点が大きなメリットといえます。小さな子供がのびのびと...

和歌山県の不動産売買の現況は地価が減少傾向にあるので、売却価格が毎年下降しています。特に大阪府や京都府などに人口が流れていく現状を考慮すると、和歌山県の地価が上昇し不動産売買が頻繁に行われる可能性は低いと考えたほうが良いでしょう。マンションの平均売却価格はおよそ1200万円で戸建てを保有している人口が全体の7割を超過している現況を考慮すると、今後もマンションの売却価格は減少していく可能性は高いです...

日本は少子高齢化の延長で人口減少時代に入っています。資源は輸入することができても国土には限りがあるため、高度経済成長期には土地の値段は上がり続けて下がることはないという土地神話がありましたが、その前提である右肩上がりの需要が約束できない今、不動産価格も必ず上がり続けるということはできなくなりました。一方で、都市部の地価は上昇を続けていて、東京都心部のマンション価格はバブル期を超える水準になっていま...

広島県の不動産売買の現況は、都市部である広島市が中心となって高価買取が期待できます。それだけでなく、最近は都市化が進んで人口が増え続けている福山市も地価が上昇している傾向にあるのです。そのため、これら2つの地域を保有している場合は売却を検討しても良いでしょう。特に広島市は、原爆資料館や宮島などの世界遺産に登録されている観光地がたくさんあります。外国人観光客も毎年大勢来日しており、周辺の店舗では一定...

山口県の不動産売買の現況は、過疎化の進行によっては全国的に見ても低価格化が深刻になっています。特に広島県と隣接している地域では土地価格の下降が止まらず、現在進行形で値下げされています。一方で西側は九州に近くなっており、地元住民の流出も問題視されているのです。広島市と九州への人口流出によって空き家問題も深刻になっており、他の都道府県よりも買い手市場になっていると言えるでしょう。過疎化が深刻になってい...

JR博多シティが誕生した2011年以降、福岡県の不動産価格は高騰しています。特に不動産価格の高騰が激しいのは福岡県の中心部でもある博多区で、現況は品薄が続いていて売りに出されても値を付けられないこともあるほどです。こうした状況は郊外にも波及しており、現況では博多区の周辺地域でも不動産価格は高騰しています。博多区や周辺エリアで不動産売買を行うなら、現況はベストと言える状況でしょう。高速インターネット...

佐賀県の不動産売買の現況は、地域の特徴を反映しているとされています。鳥栖地区は、佐賀県内でも不動産売買の現況が活発とされている地域です。佐賀県内の他の地域より景気動向指数は高く、特に盛んとされているのは住宅地の需要です。低金利が続いているうえに住宅ローン減税も行われており、さらに株価も上昇して資産としても魅力的になっています。そのため鳥栖地区の住宅地需要の現況は高めに推移しており、不動産売買にも影...

熊本県の不動産売買は近年非常に活発化しており、その現況は土地の価格が以前に比べて高騰するなど好調な動きを見せています。熊本地震以来、被災地では急ピッチで復旧と再開発が進んでおり、新たな不動産の売買体制が整っていることも、その大きな理由です。熊本地震では様々な熊本県内の地域が甚大な被害を受けました。そのため、倒壊した家屋や半壊した住宅なども多く、これらの修復等も非常に重要な課題となっていましたが、様...

滋賀県の不動産売買の現況を見ると、地域によって大きく異なることが理解できます。まず、滋賀県の中でも中心地の大津付近は比較的よく売買がされていることが理解できるでしょう。また、大津から近江八幡にかけての琵琶湖に沿った地域は比較的人気があることから取引きがよくされている傾向にあります。滋賀県の中でも、一番人気といってよい地域になりますので、この地域で土地を売却する場合にはある程度高く売れることが予想で...

近年では様々な業界でテクノロジーとの融合が行われていますが、不動産業界も例外ではありません。不動産テックという言葉も登場し、AI(ビッグデータ)が広く活用されていると予想されています。活用すると顧客の属性情報が自動で蓄積・収集され、解析までを行うことが可能です。その結果、顧客により適した物件を提案できるようになり、不動産売買はスムーズに進められるようになります。ですから、良い影響としては、ビッグデ...

台湾の不動産売買の現況を見てみると、不動産バブルで絶好調です。台湾と中国との経済関係が良好なので、中国からの投資が多くなっています。外国人に対する不動産購入には規制があります。日本人であれば条件はあるものの台湾の不動産を購入することが可能です。現在の不動産価格は上昇していて、2001年と比べてみると約3倍弱と価格が高騰しています。特に首都の不動産価格が高騰したことで、周辺地域に移る人も増えている状...

家の売買を考えるなら誰でもできる価格が高い時期に売却して、価格が低い時に購入したいと考えるはずです。それを実現するためには、その不動産の地域の現況を知る事が最も重要です。福井県の不動産売買の2019年の現況は、国土交通省の発表した公示地価によると2018年度まで地価の下落が続きました。だけど2018年度には地価の下落は止まり、2019年度には都市部を中心に上昇することが予想されます。地価の下げ止ま...

山形県の不動産売買の現況は、ゆるやかですが上昇傾向にあります。山形県は日本海に面した県で、東北地方の南西に位置しています。県の8割は産地で、豪雪地帯として知られます。不動産の売買では、降雪対策が話題になることもあります。山形県の不動産相場は、全国的な相場に比べるとそれほど高くはないです。高齢者は一戸建てを好みますが、若い世代になるとマンションを希望する世帯が増えつつあります。冬の除雪は大変なので、...

宮城県の不動産売買の現況は、観光地化と都市化がされている仙台市を含めて安定した傾向にあります。2011年の東日本大震災の影響で、一時期は地価の減少が止まらず、一方的な買い手市場になっていました。しかし、近年では都市化が進行しており、観光客も大勢押し寄せている点から商業施設を中心に地価の高騰が進んでいます。特にマンションなどの集合住宅は高く売却することが可能です。宮城県は岩手県とは違って土地が狭いの...

福島県の不動産売買の状況は、いわゆる東日本大震災後から徐々に回復傾向にあります。実際に、住宅関連における不動産売買の現況をみても従来までとほぼ同じ推移で保っていると回答した業者は平均して50%から60%程度存在しています。この点からも、震災後からのその後の経過が順調であることがわかります。また、商業地域での不動産取引も順調である傾向が見てとれます。例えば、東日本大震災後の商業地における不動産取引で...

不動産売買を行いたい場合、その現況を知ることが重要になります。もし新潟県で不動産の売買をしたいならば現状をよく見ておくことで様々なヒントを手に入れることができるでしょう。新潟県の全体的な取引き量は2010年以降に関して言えば、それほど変化が起きてるわけではありません。おおむね横ばいといえるかもしれません。これは、特に新潟県の人口が増加しているわけでもなく、取引きが増加するような影響を及ぼす何かが発...

群馬県は日本の中央部に位置し、非常に自然豊かな地域でありながら都心にも比較的近い場所であるため、住みやすい地域として古くから不動産売買が活発となっていました。また早くから新幹線が開通し、都心への通勤圏内であったことも不動産売買が頻繁に行われてきた要因です。この状況は現在でも継続的に続いており、地価が安定している印象が強くなっていました。ただし内陸部独特の気候や天候により、都心に比べて住みにくいと感...

埼玉県は関東地方の中央にあり、東京都を中心とした首都圏を構成する県で面積はおよそ3800平方メートルです。面積は小さいものの人口はおよそ733万人で全国5位、人口密度は東京都、大阪府、神奈川県に次ぐ4位となっていますが、昼夜間の人口比率で見ると88パーセントと日中の人口流出量は全国1位で、首都圏のベッドタウンとしての位置付けが強くなっています。埼玉県の不動産売買に見る土地価格の平均値は全国8位で、...

全国的な視野で見ると人口減少に伴い不動産の需要が低下し不動産売買の動向も鈍化もしくは下落しているのが現況ですが、全国で唯一上昇し続けているのが東京都です。東京都が全国で唯一上昇し続けている理由は、ビジネスの観点で地方から東京に上京する方が安定的に多い事に加え、2020年に開催される東京オリンピックをきっかけとして新たなる街づくりが行われており千葉県や神奈川県、埼玉県など東京近郊からも移住者が増えて...

東京都に向かって多くの電車やバスが整備されており、東京都心部へのアクセスにも優れている様子からベッドタウンとして根強く人気が高いのが千葉県です。通勤や通学、用事を済ませるべく都心部に出る機会は多いものの、のびのびとした環境で子育てをしたいと考えている方に支持が厚いため、一戸建ての不動産売買が多いです。東京都はもとより千葉県も人口の絶対数が多いという事を受け、不動産売買が円滑かつ理想的な結果になりや...

静岡県の不動産売買の現況については、比較的活発だといえるでしょう。静岡県は温暖な地域であり、さらに東京や名古屋などにも新幹線を活用すれば短時間で到着するため、地方で暮らしたいと考える人たちからの高い人気を集めています。静岡市や浜松市などは地方都市としてはかなり規模が大きく、各種公共施設や商業施設などが充実した暮らしやすい街となっています。これらの地方都市の郊外では分譲を目的とした宅地や建売住宅など...

山梨県の不動産売買の現況は、相変わらず好調です。東京都と神奈川県に近接している山梨県は、交通アクセスがよいことでも知られています。人口は約80万人で、住居以外の土地利用も多いです。昔から甲府盆地は農業が盛んなエリアですが、最近は果物の栽培で有名になっています。外食産業も盛んで、ファミリーレストランが多い地域でもあります。JR中央線や中央自動車道を利用すれば都心から60分で大月に到着することができま...

長野県の不動産売買の現況は、引き続き好調です。長野県は、日本の中央部に位置しています。人口は200万人を超え、自然が多く住みやすいエリアとして全国的に有名です。都心から家族で長野県に引っ越す若い世代も増えています。新幹線や高速道路が整備されたことで、交通アクセスの面でもメリットがあります。別荘地としては昔から有名で、現在でも新しい別荘やリゾートが次々と建てられています。長野県の不動産事情をチェック...

富山県に住む場合やこれから売却をする時には、不動産売買の現況が参考になるでしょう。まずどのようになっているかを見ていくと、坪単価はおよそ16万円が平均的な数値になります。県全体の平均ですので、富山市とそれ以外の市町村では大きな開きがある可能性が高いです。富山市の場合は、坪単価が20万円ぐらいになっていますがその中でも駅前になるとその2倍から3倍になる可能性も否定できません。それ以外の地域は、坪単価...

石川県の不動産売買は、二極化している現況です。たとえば県庁所在地でもある金沢市内では、外国人観光客が増加している影響もありホテル用地が足りていません。不動産売買でメインとなるマンション用地についても同様の傾向が見られて、一般的な相場よりも高値で取引されている傾向があります。この傾向は商業地や住宅地ではなく、オフィス用の物件でも同様に起こっています。人気があるエリアがある一方、郊外では土地価格の下落...

岐阜県の不動産売買の現況は、地域ごとによって違いがあります。岐阜地域では前年から現状は大きく変わっておらず、横ばいと言える現況です。地域の特徴としては相続に伴う不動産売買が増えているとされ、消費税増税に伴う建築業者の購入も増加しました。また加納地区の土地価格については上昇を続けており、売り手にとっては有利な現況です。西濃地域は土地の需要がここ数年同様変わらず多く、売り手市場になっています。住宅地に...

1200年を超える歴史を有し日々大勢の観光客が訪れ観光を楽しんでいる京都府は、古風な町並みの美しさと確固たるブランド力によって不動産売買が活発に行われています。世界規模で年々観光客が増加傾向にあるという事もあり、2019年も相変わらず収益物件を求める方やお譲りしたいという方が数多い様相ですが、京都府の不動産売買が活発なのは世界的な観光地である事に加えて、京都府内に位置している教育施設や企業の存在も...

兵庫県は近畿地方に位置する県で、人口は約550万人、面積は約84万平方キロメートル、そして近畿では最大の面積を持つ県として知られています。兵庫県は日本海と瀬戸内海の2海に接し、南部には近畿では最大の工場数をもつ阪神工業地帯があります。兵庫県は大阪のベットタウン的な役割も持っていたと言われてきたこの県の中心都市である神戸市に人口が集まっており、県北部は近年では人口減少が起こっているという状況になって...

岡山県の不動産売買の現況は、概ね良好です。岡山県は昔から独自の文化を築きあげてきた県で、現在でも中国地方と四国地方の交通の要衝として知られます。県庁所在地の岡山市は全国で18番目の政令指定都市です。岡山県に本社を持つ上場企業も多く、農業をはじめ金融業やサービス業も周辺の地域に比べて盛んです。中国地方では広島県に次ぐ大きな都市なので、不動産価格の相場も比較的高めです。不動産会社も多いですが大規模な不...

鳥取県は中国地方のなかでも日本海側に位置し、新幹線をはじめとした交通インフラの面でも瀬戸内海側の山陽地方と比較すれば立ち遅れが目立つことから人口の集積は少なくなっています。特に全国47都道府県で見た場合の人口規模は最下位に位置付けられることもあって、全般的に鳥取県内での不動産売買は低調であり、西日本レインズで公表している県別の不動産売買の成約件数では、中古戸建住宅と中古マンションはともに月間で数件...

島根県の不動産売買は、全国の地方と同じような現況です。相続による空き家や売却の相談が増え、島根県の中心部以外は人口の流出が増加し供給過多に陥りつつあります。そのため不動産価格も全体的に低調に推移しており、現況は苦しいと言わざるを得ません。今後も人口減による供給過多の状況は続いてくと考えられますから、現況を短期間で改善するのは厳しいとされています。しかし島根県でも松江市など比較的人口が多い地域では、...

四国の中でも、観光地として人気があるところが愛媛県にあります。温暖な気候としても知られており温泉などもあることから多くの観光客でにぎわっている土地です。近年は、交通の便も良くなっており首都圏からも比較的容易に現地に行くことが可能になります。そこで、愛媛県の不動産売買の状況を見てみると、現況では一坪当たり23万円程度を維持しているのが特徴になります。これは、全国平均でみると、25万円安くなりますので...

四国の北東部に位置する香川県は、面積がおよそ1877平方キロメートルと全国で一番小さい県でありながら災害が少なく、都市の利便性と瀬戸内海を含めた豊かな自然を併せ持っていることが特徴です。人口はおよそ97万人で、農業と水産業を中心とした第一次産業と、瀬戸内工業地域の一翼を担い造船業や鉱業が盛んな第二次産業、面積の大部分が平地で占められているため県内全域に人口が分布していることから、商業施設などの第三...

高知県の不動産売買の現況は、上昇傾向にあります。四国の中でも太平洋側にある高知県は、四万十川があり坂本龍馬の生まれ故郷としても有名です。昔から漁業が盛んですが、農業も活発に行われています。高知県は他の県に比べて少子化が進んでいたこともあり、他県よりも早く移住施策を実施したことで知られます。2012年の移住者は225人と少なかったものの、2016年には1000人以上になっています。移住施策を抜本的に...

徳島県の不動産売買の現況としては、一戸建ての売却価格が減少傾向にあり、マンションの数が少なくなってきているので、買い手市場であると言えるでしょう。特に徳島県は四国の中でも土地の取引が少ないことから、不動産売買は盛んに行われていません。更に、徳島県民のほとんどは戸建てを保有しているので、マンションの絶対数が全国平均よりもかなり低い傾向にあります。そのため、不動産売買を徳島県で行う場合は、なかなか売却...

九州地方の中でも、比較的歴史の古い場所として大分県があります。宇佐神社をはじめとして、古くからの建物があるだけでなく別府温泉などの観光地としての魅力もあり人気の場所になります。実際大分周辺に住むとすれば、土地の売買の変動が気になるところです。そこで、大分県の不動産売買の現況を見ていくとさまざまのことがわかります。まず、2012年あたりから不動産売買の状況はそれほど変化していません。土地の売買の量も...

不動産売買における長崎県全体の現況は、基準地価が21年連続下落しており厳しい状況です。しかし下落幅は前年比1.0%と縮小しており、若干改善の傾向が見られます。商業地の基準地価は前年からマイナス0.3ポイントとなっており、下げ幅は縮小しました。下げ幅が縮小したのは、長崎市や大村市などで基準地価が上昇したからです。長崎県の中心部ではマンション用地の需要が高く、またJR長崎駅周辺は新幹線の整備や県庁移転...

宮崎県の不動産売買の現況は、住宅地と商業地は県央・県北では横ばいもしくは改善傾向、それ以外の地域では厳しい状況が続いています。最新の調査結果からは二極化しているとされ、その傾向は顕著になっています。不動産売買で重要な中古マンションも住宅地と商業地と同じく、現況は大きく変わりません。地域によって現況は二極化しており、不動産売買もエリアによって有利不利は変わってきます。賃貸物件については住宅地・商業地...

鹿児島県の不動産売買の現況は、前年度と同様に好調です。鹿児島県は世界遺産の屋久島があり、自然が豊かで産業も活発です。豊富な資源を有している県で、火山があることから温泉の数も多いことで知られています。県内の入浴施設はほとんどが温泉で、観光客も多く訪れます。本土と呼ばれているのが薩摩と大隈地方で種子島や屋久島、奄美地方などの薩南諸島は離島と呼ばれています。農業や畜産業も盛んで、全国的に有名なブランドが...

沖縄県の不動産売買の現況は、前年に引き続き好調を維持しています。沖縄県本島は、3つのエリアで構成されています。北部は自然に恵まれ、沖縄の豊かな自然を満喫できます。人口は少ないものの、希少価値の高い植物や生物が多いので昔から人気があります。中部エリアは米軍基地を有するため、沖縄とアメリカの文化が混ざった独特の雰囲気があります。異国情緒があるエリアなので、観光客も多いです。那覇市を含む南部地域は海が近...

三重県は伊勢湾に面している地形的には細長い形をしているのが特徴で、そのため地域によって気候が大きく変化している点が特徴となっています。東側に伊勢湾が存在し、海産物などで有名なものが多いことや、その一方で西側には様々な山脈が存在していることから山の幸にも恵まれており、自然に囲まれて生活することができる場所として人気の高い地域でもあるのです。また商業都市にも比較的近く、通勤などにも便利な場所となってい...

中国の不動産売買の現況をみてみると、相変わらず好調です。中国では2000年以降都市化が進んだため、不動産投資が活発になっています。世界の中でも中国の経済成長率は群を抜いている状態で、すでに日本のGDPを抜いています。アメリカに次ぐ経済大国となり、これからさらに経済的な発展を遂げると予測されます。10億人以上の人口を抱えている中国は、不動産市場も活発に動いています。不動産バブルの崩壊を心配する人もい...

三重県津市は伊勢平野のほぼ中央の伊勢湾に面した都市で、海沿いに市街地が走る三重県の県庁所在地です。日本一短い地名として知られており、市面積は約711平方キロメートル、総人口はおよそ27万6千人で、2006年の市町村合併で旧津市とその周辺9市町村が一体となったことにより、三重県内の市町で最大の面積を保有することになりました。県庁を始めとした行政機関や総務省などの国家機関、県立博物館や美術館など県を象...

三重県四日市市は三重県の中で最も人口が多く経済的に発展している地域で知られています。従来は工業地帯としても知られており、四日市喘息と言う非常に全国的に著名な公害病を生み出した地域でもその名が知られていますが、現在は非常に安定的な経済成長を続けている地域となっており、中部地域の中では非常に住みやすいところで知られていることから、近隣から移住を希望する人も非常に増えているのが特徴となっているのです。こ...

三重県伊勢市は三重県中東部、伊勢平野の南端に位置する市で、面積は約208平方キロメートル、人口はおよそ12万5千人です。伊勢湾に面した比較的温暖な気候で、伊勢志摩国立公園の玄関口として豊かな自然が育む海と山の美味しい食材に恵まれており、世界的に有名な伊勢神宮へ国内外から多くの人々が訪れる観光地となっているため、同じ三重県の四日市市や鈴鹿市のような工業都市ではなく、観光都市として栄えていることが特徴...

三重県松阪市は三重県のほぼ中央にあり東西に細長い形状で、面積はおよそ624平方キロメートル、人口は約16万1千人です。市西部は紀伊山地を望む山岳地帯となっており、東部は伊勢湾に面した都市部でJR紀勢本線と名松線、近鉄山田線の鉄道の他、国道23号線と42号線に面しているため関西圏や名古屋方面からのアクセスに優れています。また、松阪港からは中部国際空港への定期便が運航していることから、三重県の海の玄関...

桑名市は三重県の東北部に位置する、人口がおよそ14万人(2019・令和元年時点)の地方都市です。古くから鋳物の生産で栄え、東の川口とともに桑名は日本の鋳物二大産地と呼ばれています。その他にも焼き物や塗り物や刃物などの、各種伝統工芸が有名です。桑名の特産物は伊勢湾の蛤(ハマグリ)であり、「その手は桑名の焼き蛤!」などの言葉遊びで日本中に知られています。その他には安永餅・蛤しるこ・アイス饅頭・なばな・...

三重県鈴鹿市は三重県の北部に位置する市で、人口はおよそ20万人です。奈良時代には伊勢国の国府が置かれるなど政治と商業の中心地として栄えていましたが、第二次世界大戦中に海軍の工廠が設置されたことから工業都市に生まれ変わったという経緯があり、現在では大手企業の製造拠点となっている他、全国的に有名な鈴鹿サーキットがあるため自動車関連の工場なども多く見られることが特徴です。そのため多くの地方都市に見られる...

三重県名張市は県西部の位置する市で西部と南部は奈良県に接しており、市面積は約130平方キロメートル、総人口はおよそ7万7千人です。県境を含めた周囲は山に囲まれており、市街地は中央部から北部にかけた盆地を中心に広がり、内陸特有の四季の変化を感じ取ることができる気候で降水量が少ないことが特徴です。名張市は昭和の時代に入ってから近鉄大阪線が開通し、大阪の都市部までおよそ60分と近距離になったことから大規...

近年では、全国各地で不動産売買が積極的に進められています。それらの中でも特に高い知名度を誇っている地域が、三重県尾張市です。三重県尾張市内には、数多くの不動産物件が並んでいます。単身世帯用のワンルームからファミリー層が主体の一戸建て住宅まで幅広い種類の不動産物件があり、その需要は年々高まり続けているのです。三重県尾張市の現況としては、歴史的な魅力が溢れる観光スポットの近くで暮らしたい人々も少なくあ...

三重県亀山市は県の北中部に位置する市で、市面積は約191平方キロメートル、総人口はおよそ5万人です。市の中央部から南へ鈴鹿川や安楽川が流れる平野が形成され住宅地となっていますが、北西部には鈴鹿山脈が走るという全体的に丘陵地が多い地形です。市を横断するようにJR関西本線が走る他、亀山駅は紀勢本線の起点駅にもなっているので、三重県南部の津市や松阪市などへ移動も便利です。また、東名阪自動車道と名阪自動車...

三重県鳥羽市は市域全体が伊勢志摩国立公園に指定されており、海岸線の非常に美しい観光地で有名な地域です。そのため、不動産売買は決して活発な部類には入りませんが、非常に気候が温暖でありまた景色も美しいことからこの地域に移住したいと希望する人は非常に多く、特に他の地域から自ら様々な事業を行いたいと希望する人が集まる場所となっています。三重県鳥羽市は鳥羽水族館があることでも有名であり、観光客が非常に多い地...

三重県熊野市は市域全域が国定公園に指定されていることもあり、非常に自然が豊かで環境破壊が少ないことが特徴の市となっています。そのため、一般的には地方から移住をしてくる人が非常に少ない印象をもたれることが多いのですが、実際にはそうではなく様々な人が穏やかな気候と住みやすい環境を求めて移住をしてくることが少なくありません。人口が減少していることから客観的には過疎の町として現在衰退をしているような印象を...

三重県いなべ市は三重県の最北端に位置しており、隣接する地域に三重県桑名市や四日市市、岐阜県大垣市や海津市、および滋賀県東近江市など比較的商業活動が盛んな地域があります。そのため、これらの地域のベッドタウンの位置づけが強いため、人口が比較的安定している傾向があり、不動産の状況も安定しているものとなっているのが特徴です。三重県いなべ市は2003年に4つの町が合併してできた比較的新しい自治体であり、その...

三重県志摩市の不動産売買の現況は、田舎暮らしを希望する若い世代が増えたこともあり好調を維持しています。若い人が移住を希望する魅力が志摩市にはあります。志摩市は三重県の東南端にある市で、自然が豊かなことで知られています。東京からだと電車で4時間弱、大阪と名古屋からは約2時間と都会から比較的近い場所です。志摩市は1年を通じて過ごしやすい気候で、農産物にも海産物にも恵まれています。暮らしやすいのも志摩市...

三重県桑名郡の地価平均は、1990年代の前半に大きく上昇した後、緩やかに減少傾向となっています。三重県桑名郡の不動産売買では、住宅用地が人気を集めており、とくに駅から近くアクセスの良いエリアの物件が注目を集めている傾向です。三重県桑名郡にある人口およそ6200人の町、木曽根町は愛知県と接する位置に所在しています。このためバスや高速道路を経由し愛知県内の学校や職場に通う人も多くなっています。三重県桑...

三重県員弁郡は県内でも最北部に位置していますが、現在ではもともと郡内に含まれていた地域の大部分がいなべ市として市制施行されたため、実質的に東員町を指すものといえます。三重県員弁郡は三重県の北の玄関口にあたる桑名市、重化学工業のコンビナートが集まる県内最大の人口を擁する四日市市といった大都市に隣接する立地特性もあって、近年では特に子育て世代に人気の町となっています。町内には東海環状自動車道の東員イン...

三重県三重郡は三重県の北部に位置する行政郡の名称で、現代では3つの町から存在し、人口は70,000人弱の非常に小さな行政区となっています。古くは三重県の母体となる行政県の県庁所在地となっていた地域でもありますが、現在は当時の郡を構成する地域のほとんどが分離独立したり、四日市市などの大きな市町村に吸収合併される形となっており、現在の非常に小さな形として残っている地域となっているのが特徴です。郡域のほ...

三重県多気郡で土地や住宅などの不動産売買を検討している方に、令和元年の現況を紹介致します。三重県多気郡は多気町、明和町、大台町の3つの町が集まった郡で東は太平洋から西は奈良県の県境までと東西に長細く、観光地として有名な志摩の北側に位置します。人口は4万人程度で熊野古道などの観光名所もありますが、住宅地の整備や企業誘致にも精力的に取り組んでいます。企業誘致では液晶産業を核とした工業の振興に取り組んで...

三重県度会郡は三重県の南東部に位置する、4つの町からなる行政郡であり、現在は総人口が40,000人程度の非常に小さな領域となっています。しかし、過去には廃藩置県の後県の役所などが置かれた非常に重要な場所ともなっており、歴史上重要な位置づけを示すものとなっていました。近年では町村合併などの経緯もあり、その郡域は非常に小さくなっているのか、住民も高齢化が目立つ地域となっています。この地域では古くから漁...

三重県北牟婁郡は三重県の南部に位置する行政郡で、現在は人口が15,000人程度の非常に小さな集落となっていますが、古くは多くの町を抱える三重県有数の行政区域となっていました。その後様々な町が近隣の大きな市などと合併を行ったことにより、現在では紀北町を中心とする1部の行政区域からなる構成にとどまっており、人口も年々減少している傾向にあるのが特徴です。主な産業は漁業と林業であり、さらに高齢化が進んでい...

三重県南牟婁郡は御浜町と紀宝町からなり、熊野川を境界にして和歌山県と接する、三重県内でも南端に位置する郡となっています。このため紀伊半島の東部や北部にあたる四日市市や津市のような三重県内の中心都市との関わりよりも、圧倒的に隣接する和歌山県の新宮市などとの関わりのほうが深く、そのベッドタウンに類した新興住宅地の開発なども見られるところです。三重県南牟婁郡の不動産売買の現況ですが、地価公示ではバブル経...

愛知県出身の佐野岳さんは、大学在学中にコンテストでグランプリに選ばれたのをきっかけに芸能界に入りました。所属事務所は東京都港区にあるエヴァーグリーン・エンタテイメントです。なので、佐野岳さんが不動産業会社を経営した場合には、愛知と東京の物件を多く取り扱うことになるかもしれません。東京に本社を構えて、愛知に支店を出すというかたちもありそうです。取り扱う物件は、佐野岳さんの興味と関係するものになり可能...

俳優の小林豊氏は、役者には珍しい製菓専門学校を卒業した経歴の持ち主です。専門学校を卒業後はパティシエとして働き始めますが、店が合わずわずか1年で辞めます。その後モデルのコンテストに応募し芸能界入りを志すようになり、上京後はオーディションを受け事務所に所属します。ちなみにデビュー後も東京にある製菓工場で働いてて、ここでもパティシエの経験が生きていたと考えられるでしょう。パティシエの経験がある小林豊氏...

高杉真宙氏は、さまざまな役柄をこなせる俳優として注目を集めています。子どもたちに大人気の特撮ヒーローから王道なイケメン男子、髪の毛を金髪に染めた不良を演じたかと思えばゲームやアニメが好きなオタク男子と、役柄の幅広く作品ごとに違ったイメージを見せる役者と言っても過言ではありません。最近では国営放送のキャラクターの実写を演じたり、ファンを驚かせることもしばしばです。これだけ多数の役柄を演じていながら、...

アイドルや女優、そしてモデルとして活躍する志田友美さんが不動産業を経営したら、どうなるでしょうか。志田友美さんが芸能活動をスタートさせたきっかけは、雑誌モデルのオーディションだったといいます。まだ彼女が小学6年生だった時、友達に見せてもらった雑誌のオーディション募集情報を見て、応募を決めたそうです。オーディションでグランプリを獲得した翌年、テレビドラマへの出演も果たします。その後アイドルとして本格...

久保田悠来氏は、原宿で声をかけられたことをきっかけにモデルになりました。そのあと舞台で主演し、映画やドラマなどにも活躍の場を広げました。久保田悠来氏はモデル時代は、ファッション雑誌のカットモデルとしてもよく登場していたので、不動産会社を経営したら美容院物件を取り扱うでしょう。もちろんスカウトをされたファッションのまち原宿にも思い入れがあると思われるので、竹下通り付近の物件も検討すると考えられます。...

不動産業界は、近年競争が厳しくなっているのが現状です。不動産業者は大手から個人経営の業者まで数多く存在しておりますが、人口減少が進む中、需要と供給のバランスが取りにくくなるからです。そこで、もし白又敦氏が不動産業を経営したら隙間を狙った経営展開をしていきます。例えば人口減少といった問題点ですが、その中でも高齢者の人口に対する割合は増え続けているという現実に着目します。通常現在では高齢者が賃貸物件を...

松田凌氏は、2011年のデビュー以来舞台を中心に活動している俳優です。2013年には子どもたちに大人気の特撮番組にもレギュラー出演していたので、大人から子どもまで広く知られています。松田凌氏が特撮番組に出演して重要だと感じたのは、どんなときも最後まで諦めないネバーギブアップの精神です。ネバーギブアップの精神を大切にしている松田凌氏なら、不動産業を経営しても最後まで諦めることはないでしょう。不動産業...

吉田メタル氏は、有名劇団に所属する日本の俳優です。ミュージシャンとしても活躍しており、ヴィジュアル系ロックバンドのリーダー兼ベーシストとしても活躍しています。吉田メタル氏が演じる役の特徴としては、おかまやゲイの役が多いとされています。注目を集めるきっかけとなった特撮番組でもおかまのヒーローを演じており、吉田メタル氏といえばおかまやゲイのイメージを持つ人も多いかもしれません。しかし吉田メタル氏がおか...

青木玄徳さんは埼玉県出身の俳優です。芸能人としてのキャリアはモデルからスタートし、本格的な俳優デビューは2011年の「ミュージカル・テニスの王子様2ndシーズン青学vs氷帝」が、デビュー作となります。デビュー後はミュージカルからドラマまで幅広い活躍を見せますが、多くの人が代表作にあげるのはおそらく仮面ライダーでしょう。それ以前はクールな役柄を演じることが多かった青木玄徳さんですが、常に同じような役...

佃井皆美氏は、アクションが得意な女優です。特撮ドラマのスーツアクターを務めた経験もあり、激しいアクションシーンをこなせる数少ない女優です。そんな佃井皆美氏が不動産業を経営したら、得意のアクションと同じく積極的な経営になるかもしれません。佃井皆美氏の営む不動産業では、積極的に次から次に新しいことを取り入れていきます。そのため先進的な住まいを取り扱うようになり、世間から注目される機会も多くなるでしょう...

不動産業には3つの才覚が必要です。ひとつは、顧客がどれくらいの予算を準備しているか、どのくらいの生活レベルであるかを最初に接客した時点で見抜く能力です。2つ目は、お客様を第一優先に考え、自分はサポート役として一歩下がり、あくまで「提案者」としてのポジションに徹することのできる能力です。3つ目は、どの業種にも共通する要素である「愛」です。波岡一喜氏は、早稲田大学政治経済学部卒のエリート俳優です。よっ...

これはありえないことではなく、実際に起こりえることです。もしも泉里香氏が不動産業を経営したらどうなるかは想像しただけでも楽しくなります。不動産の経営には必ずしも宅地建物取引士の資格は必要ありませんが、泉里香氏の学歴と知性をイメージすると、資格は取得できると考えられます。したがって、不動産業の業態としては宅地建物取引士をもったオーナー経営者が適しているでしょう。不動産業は一般に賃貸の斡旋と仲介に分け...

仮面ライダーでお馴染みになっている石ノ森章太郎氏がもし不動産業を経営していた場合どうなるのでしょうか。彼は漫画家でありプロデューサーとしても卓越した才能を持っていますので、ここは特撮と不動産のコラボ経営となるはずです。具体的に見ていくと、どのような図式になるかがオイウントですが、不動産を所有するヒール役とそれに立ち向かうヒーロオー役の図式が考えられます。これをリアルな自分が保有している不動産で実現...

佐々木基氏は、数々のヒット番組をプロデュースしたことで知られている有名プロデューサーです。バラエティ番組や特撮作品、そしてドラマなど多岐にわたる作品をてがけてきました。もしも佐々木基氏が不動産業の経営を行うとしたら、どんな戦略を用いるでしょうか。佐々木基氏の素晴らしい点は、演出や脚本に関する知識を活かし、作品内容に踏み込んだプロデュースを行っているところにあるでしょう。テレビ局のプロデューサーとい...

望月卓氏といえば、2009年の「仮面ライダーW」で特撮作品に関わり、2013年の「非公認戦隊アキバレンジャー」ではプロデューサーを務めた方として知られています。そんな彼がもしも不動産業を経営したら、どんな物件をプロデュースしてくれるのか、大胆予測してみます。やはり、特撮作品を手掛けた方ならではのビジュアル面で画期的な物件を、企画の段階から参加して作り上げてくれるのではないでしょうか。例えば、最近注...

現在日本で人気があるマンションやアパートの一つが、デザイナーズです。有名なデザイナーが設計を担当したマンションやアパートの外観は、ドラマに出てくるような洒落たデザインです。外観だけではなく室内もお洒落なデザインなので、一度は暮らしてみたいと思う人も多いでしょう。そのため首都圏を中心にデザイナーズ物件は人気を集めており、現在では地方でも珍しくなくなりました。登場した頃は一風変わった住まいとされてきま...

神戸高校(三重県鈴鹿市)は三重県でも有数の進学校となっており、伝統を重んじ様々な面で精神的な強い教育を行っている学校としても知られています。校訓が「質実剛健」と言うところからも非常に精神的な面での教育の印象が強い学校となっています。このような神戸高校(三重県鈴鹿市)校長が不動産事業を営んだ場合、非常に礼儀や理論を重視する点に重きが置かれると考えられます。そのため様々な取引が公正に行われ、さらに時代...

日本経済大学学長が不動産事業を営むとしたら、経済大学の学長だけに経済の知識を総動員して事業を行っていくことになるでしょう。経済学に長けているから不動産事業が上手くいくとは限りませんし、経済と経営は別物ですから経済のことがわかればそれでいいというわけではありません。しかし、経済と経営が密接な関係があるのも事実であり、世の中の動向を理解して瞬時に対応をしやすいという面では日本経済大学学長という立場は非...

もし不動産事業を営むと成功しそうだと世間から言われているスポーツ選手は多く、世界的に有名なサッカー選手のアンドレア・ラノッキアも、投資のセンスが期待できる人間の一人です。イタリアのアッシジ出身のサッカー選手で、セリエAのインテルという強豪チームで活躍した実績を持ちます。かつてはインテルで長友佑都選手と同僚だった事もあり、日本人からも知名度の高いサッカー選手です。アンドレア・ラノッキアのポジションは...

マッツ・フンメルスはサッカー選手だけに不動産事業を営むのであれば、まず考えられるのがサッカーに関連した事業展開を行っていくということです。スタジアムを建設したり、サッカーを楽しむための施設を次々と夜に送り出すことが考えられます。サッカー選手という職業はプレイを見せるだけでなく、人に夢を与えるのも仕事の内ですから、不動産事業を営むにしても夢が見れるものとなることは間違いありません。もちろん、サッカー...

不動産業で成功するためには、事業を始める地域とどんな物件を扱うかといったビジョンが必要です。クリスティアーノ・ロナウドは、マッスル強化製品の企画参加やファッション・香水・下着などのブランドを立ち上げおり、不動産事業を営むための地域や取扱い物件についても独自のアイデアを出してくるものと思われます。幼少期に早く父親を亡くし、生活は裕福ではなかったようで、サッカー以外の分野でも家族のために稼ぎたいという...

不動産事業をしていて、消費税10%時代になった今ではさらに智慧を絞り込んでいく必要があります。賃貸仲介業では幅広い年代が顧客になるためそれぞれにあった事業戦略があり、ある程度共通したものだとパソコンや携帯のネットを使った広告活動です。ネット広告での集客に重点を置いていき、店舗に直接来店して物件情報を集める場合でも今でも多くこちらも考慮するべきことです。賃貸仲介業では飛び込み客も得られる立地条件が良...